復讐の未亡人夢語り

menu

復讐の未亡人を無料試し読み~ネタバレと感想!結末は?

復讐の未亡人?黒澤R(著)。パワハラによって自殺した夫の復讐をする為に、同じ会社へ派遣エンジニアとして潜り込む主人公の鈴木蜜。肉体関係を重ねながら信頼させ復讐に追い込んだり、様々なエグい方法で復讐する。グロさの裏に官能的なエロさが相まったミステリー漫画と画像。

復讐の未亡人夢語り

復讐の未亡人

社長は指を引き抜くと、仰向けになって、上からひとつになるように、と蜜に言った。

蜜は素直に社長をまたいで、欲棒をつかんで女芯に導いた。

ゆっくりと、腰をおろす。

蜜のなめらかな温かさの中に、社長の欲棒は迎え入れられた。

女上位の形になったのだ。

蜜は社長の胸に置いた手で体のバランスを取りながら、ゆっくりと体を前後にスライドさせはじめた。

「ああっ……」

動きながら蜜はつぶやき、社長にしがみつく。

その度に、女体が小刻みに痙攣した。

女上位は、動きの主導権は女の側にある。

そのために、女は自分が一番感じるペースで動くようになるので、簡単にクライマックスに達してしまう傾向がある。

今の蜜がそうだった。

「ごめんなさい……」

蜜は社長にしがみついてそう口走った。

「ごめんなさい、わたし、ああ……」

蜜は社長の体の上で、ピーン、と両足を揃えて伸ばした。

密着させていた胸を離し、背中をそ反らして全身を痙攣させる。

通路が欲棒を吸い込んで締めつけた。

あっさり、クライマックスに達してしまったのだ。

ごめんなさい、と言ったのは、先に達してしまうことの許しを乞うたのだ。

復讐の未亡人
>>Handyコミックはこちら

>>復讐の未亡人TOPへ