復讐の未亡人番外編

menu

復讐の未亡人を無料試し読み~ネタバレと感想!結末は?

復讐の未亡人?黒澤R(著)。パワハラによって自殺した夫の復讐をする為に、同じ会社へ派遣エンジニアとして潜り込む主人公の鈴木蜜。肉体関係を重ねながら信頼させ復讐に追い込んだり、様々なエグい方法で復讐する。グロさの裏に官能的なエロさが相まったミステリー漫画と画像。

復讐の未亡人番外編

復讐の未亡人

それは、いくら頼んでも、社長の妻はしてくれない愛のテクニックだった。

欲棒を舐めたり、しやぶったり、ということになると、大学をふたつ出た妻は教養が邪魔をして、拒んでしまうのだ。

蜜は平気で口を使って欲棒を愛撫してくれる。

そのテクニックはこれまでのどの女よりも上手だった。

蜜は欲棒を深くくわえて、根元を手で押さえ、頭をゆっくりと上下させてしごく。

社長はパックリとくわえられた欲棒に生まれた、たとえようもない快感に、思わず坤きながら、蜜の頭を股間に抱え込んだ。

欲棒を入念にしゃぶられて、社長は一気に爆発点に近づいた。

「ベッドに行こう」

社長は股間に抱きしめていた蜜の頭髪を引っ張った。

蜜ほ素直にうなずいて、欲棒を放した。

蜜は社長に何をされようと、イヤだと言わなかった。

それに、社長がどんな要求をしても、素直に応じてくれる女だった。

それはど美人であるのに、社長がつき合っているのは、そういった女だからである。

重ねた状態で通路に入れた二本の指を、社長は横に開いた。

指先を折り曲げるようにして、天井に隆起している山脈の両サイドにある、Gスポットと思われるあたりを、押しながら軽く引っ掻く。

「ああ、オシッコ、チビりそう」

蜜ほ体をよじった。

蜜はベッドに倒れ込んだときから、社長の欲棒をしっかりとつかんで、しごき続けていた。

しかし、あまりにも強い快撼のために、欲棒をしごくほうがお留守になった。

Gスポットのあたりを押す度に、通路ほ弛やかに締めつけてくる。

「ねえ、そこを押されると、オシッコ、チビりそうになるの」

体をよじりながら、蜜は叫ぶ。いつものセリフだった。

蜜はGスポットのあたりを押されるといつもそう言うのだ。

そう言いながら、これまで蜜は本当にチビッたことは一度もない。

「チビりたかったら、チビッてもいいよ」

社長は耳元で囁きながら、指を動かし続けた。

蜜液の湧出量が急激に増加した。

「あーつ、あっ……」

蜜はのけぞった。

通路がヒクヒクとひくつく。

それは、蜜がクライマックスに近づいたことを物語っていた。



復讐の未亡人
>>Handyコミックはこちら

夢語りはこちら